主婦がパートを辞めるときの理由。角が立たない上手な伝え方!

  • 2020年11月18日
  • 94Views
主婦がパートを辞めるときの理由。角が立たない上手な伝え方!

パートを辞めようと考えているけど、上司や経営者の機嫌を損なうのが怖い。もしかすると簡単に辞めさせてもらえないかもしれない。

そんな時にどんな風に伝えれば角が立たずに円満に辞められるか悩んでいる主婦の方は結構いるのではないでしょうか。

パートを辞めようと思っている主な理由を例に挙げ、上手な伝え方やタイミングなどについて紹介していきます。

主婦がパートを辞めたいと思う主な理由とは

主婦がパートを辞めたいと思う主な理由とは

人間関係がよくない

パートを辞めたくなる、最も大きな理由の1つとして挙げられるのは「人間関係」ではないでしょうか。

どんな職場にも気が合わない同僚が1人はいると思いますが、例えば冷たい態度をとられる、無視されるなど執拗に攻撃を仕掛けてくる人がいるとすれば、それは気が合わないというレベルを超えてますよね。また、自身がターゲットにされているわけでは無いが、お互いの陰口が多いことで全体として雰囲気が悪い職場は人間関係がよいとは言えないでしょう。

その他にも上司や先輩からの理不尽なパワハラやセクハラなどがあるとすれば「パートを辞めたい」と思っても仕方がありません。

こうした事情を理由にそのまま正直に伝えて退職するのも1つの手ですが、できるだけことを荒立てずに円満に退職したいですよね。

制度・待遇面に不満がある

「交通費がでない」「ボーナスがない」などの待遇面に不満があって、パートを辞めたいと考える方もいるでしょう。

そこは許容できたとしても、特に主婦の方は「シフトや休みが希望通りにいかない」と家庭との両立が難しくなり子育てや家事、親の介護などに影響がでることを気にされると思います。急にシフトに穴が開いて、どうしても残業しないといけないことがあっても、自身の子どもの急病時には逆に同僚にフォローしてもらうなど持ちつ持たれつの関係性が成立している職場なら、それほど問題はないかもしれません。

ただし、これが毎日のように慢性的に続いているのなら、パートを辞めて別の仕事を探したくなる気持ちも分かります。

仕事内容に不満がある

「最初に聞いていた仕事内容と違うことをしている」「仕事量と給与が見合わない」「仕事自体にやりがいが感じられなくなった」など仕事そのものに対する不満が理由でパートを辞めたいと考えることがあるでしょう。

主婦のパートだけに限らず正社員でも同じことがいえますが、長期的に働き続けるなら仕事内容の「質」「やりがい」、そしてその仕事量に見合った対価が得られているかどうか、というのは最も重要なことでしょう。そういったことを退職理由としてストレートには切り出しにくいですよね。

研修・教育を十分に受けられていない

入社時にシフトや休暇、社内制度や業務内容の説明がないまま、いきになり現場に投入された。十分な教育を受けられないまま業務を任される。といったことが職場であると先々不安になってしまいます。

十分な説明を受けていないので上司や同僚に尋ねることは増えるし、業務のフォローがない状態だとミスを犯してしまう恐怖心はぬぐい切れません。通常、アルバイトやパートにも試用期間が設けられていることが多いので、こうしたケースは珍しいと考えられますが、もしあるとすればパートを辞めたくなる要因にはなるでしょう。

自身や家庭の都合

「夫の転勤で退職を余儀なくされる」「育児・介護との両立が難しくなった」「持病の悪化などで体調不良が続いている」といった、自身あるいは家庭の事情が理由でパートを辞めなければならないことがあります。これが本当のことであれば会社も認めるしかありませんし無理に引き留めることはできないでしょう。

パートを辞めるときに最も伝えやすい理由となります。

パートを辞める時の上手な伝え方は?嘘はOKか

パートを辞める時の上手な伝え方は?嘘はOKか

さて、ここまでは主婦がパートを辞める代表的な理由をご紹介しましたが、角が立たずにパートを辞める意思を伝えるにはどうしたらよいのでしょうか。

先述した、「家庭の都合」がもっとも認められる退職理由として少し触れましたが、それを除くと会社への何かしらの不満が残ります。これらを率直に伝えると荒波が立つことを想像しますよね。あるいは、「改善するから」と引き留められることもあるでしょう。

そうしたことを回避してパートを辞める上手な伝え方のポイントをご紹介していきます。

「嘘」の理由はできるだけ使わない

トラブルを避けたいからといって、もっともらしい「嘘」の理由を用意するのは、お勧めしません。
「キャリアップのため」「資格取得の勉強のため」「〇〇業界で正社員として働きたいから」など、そんな予定もない理由を並べると、嘘の説明が多くなってしまい返って墓穴を掘ることになります。

子育て・介護との両立が難しい状況にあるなど、できるだけ真実に近い「家庭の事情」を理由として伝える方が会社からも理解を得られやすく、かつプライベートなことなので踏み込んだ質問はされにくいでしょう。

職場への不満・不遇などに触れない

職場に対する不満や不遇については、一切触れないようにしておきます。もっとも、改善がされることで引き続き働きたいのであれば話は別ですが、パートを辞める意思が揺ぎなく固まっているのであれば、職場環境や待遇について指摘したり改善を求めたりすることは、返って退職までの期間を自ら引き延ばす要因にもなりかねません。

引き留められる原因を自ら作らないためにも「不満・不遇」は黙っておくのが無難でしょう。

できるだけ早く退職の意思を伝える

円満にパートを辞めるなら、退職のタイミングには配慮するべきです。

特別に雇用期間を定めていない場合、通常は2週間前に申告することで退職することが可能となっていますが、あなたが辞めることで会社側も代わりの人を見つけるための採用活動を実施しなければなりません。

2週間という短い期間では恐らく決まらないでしょうからギリギリになって伝えるのはマイナスになります。遅くとも1月前には退職の意思を伝えておくのが最低限のマナーとして心がけておくべきです。

また、繁忙期がある職場なら、その時期の退職は避け、引継ぎが必要な仕事内容なら事前に資料をまとめておくなどスムーズに退職ができる状態を準備しておくことで円満な退職に繋がります。

パートを辞める前に今一度考え直してみる

パートを円満に辞めるのも一苦労ですが、次のパートを探すのもまた大変な労力を必要とします。次の仕事が決まるまでの期間が空くほど家計にも影響しますし、パートをしないライフスタイルが定着すると腰があがらなくなってしまうものです。

もし、今の職場で仲の良い同僚がいる、信頼できる上司がいるのであれば、辞める決断をする前に周りに相談してみてはどうでしょうか。
不満に思うことが改善されることで、パートを続けられるのであれば今一度退職を考え直してみてください。

とはいえ、職場のストレスが原因で体調不良を引き起こしてしまっては、家庭にまで影響を及ぼしてしまいますからパートを辞めるという決断も否定できません。

まとめ

今回は、主婦がパートを辞める時の上手な伝え方についてご紹介させて頂きましたが参考になりましたでしょうか。退職を伝える時にできるだけ角が立たないようにして円満にパートを辞める方法を簡単にまとめると以下になります。

  • 「嘘」を使わず真実に近いことを退職理由にする
  • 会社に対する不満や不遇には触れないようにする
  • 退職日に配慮して遅くとも辞める1ヶ月前には伝えるにする

パートを辞めた後にお仕事を探す場合は、主婦歓迎のアルバイト・パートの求人情報も掲載されている「アピールネット」を是非ご活用ください。

山口県の主婦歓迎の求人情報を探すなら

アピールネットでは主婦歓迎のアルバイト・パートの求人情報を特集として掲載しております。パートを辞めた後にお仕事を探すならアピールネットで。あなたの希望にあった求人が見つけられるかもしれません。是非ご利用してみてください。

山口県の主婦歓迎のお仕事を探す

この記事の情報の鮮度・有用性・確実性については保証していません、記事内容の実施はご自身の判断と責任のもとにご利用ください。