【宇部市の求人】進学や転勤などで引っ越される方必見の地域情報

  • 2019年9月13日
  • 29Views
【宇部市の求人】進学や転勤などで引っ越される方必見の地域情報

進学や家族の転勤などの引っ越しで新しい土地に来た方、またはこれから移り住む予定の方にとっては、一日も早く新しい生活に慣れるため、その地域がどんな場所なのかを知りたいと考えている人も多いのではないでしょうか?買い物や遊ぶ場所もそうですが、アルバイトやパートなどの仕事を探す際にもこうした情報を知ることは役に立つと思います。

今回は、山口県の空の玄関でもあり医療・化学・工業といった分野でも県内トップクラスの集積を誇る宇部市について仕事探しにも役立つ地域情報を紹介します。

山口県宇部市の地域情報

山口県宇部市は、県の中央からやや西側へ寄った瀬戸内に面する街です。人口は164,726人(2019年推計)、面積は286.65㎢、交通面では山口県広域の空の玄関口である「山口宇部空港」があり、毎日東京とを結ぶ定期便や不定期の国際線チャーター便などが運航されています。

求人に関するデータに注目すると、令和元年7月現在、公共職業安定所の宇部地区に限定した求人統計によれば、有効求人倍率は1.59です。山口県の平均1.62と比べればやや低い水準ではありますが、これを正社員の求人だけに限定してみると、有効求人倍率は1.41、山口県平均が1.28倍となり、これは山口県内では一番高い倍率となっていますので、正社員の求人探しに関しては県内では充実している地域と言えるでしょう。

(参考)山口労働局:山口県の雇用情勢について

山口県宇部市の求人事情

石炭産業から発展した企業城下町

石炭記念館

宇部市の産業の歴史は明治から戦前期を中心に盛んだった石炭産業が街の発展の礎となっています。現代ではその流れを組んだ国内有数の大手総合化学メーカーの企業城下町として鉄工・機械・樹脂など工業・化学系を中心とした多くの関連企業が市内に点在していますので、こうした分野の求人が大きく期待できそうです。

内陸部に点在する工業団地

空港のある街として、東京とのアクセス面では県内他の市町村と比べて最も有利な宇部市では、海から離れた内陸のいくつかに大規模な工業団地が多数造成されています。
団地内の企業も工場や物流、サービスと多様で、このエリアでの求人についても注目したいところです。

医療機関の充実した街

宇部市は医療機関が充実した街でもあります。大学病院をはじめとする大病院などが点在し、人口1万人当たりでの病院・医療機関の数は全国38位、人口1万人あたりの医師の数も全国19位で県内でもNo1となっています。
こうした特徴から、宇部市では医療関連の各種求人が期待できる街ともいえるでしょう。

(参考):東洋経済新報社「都市データパック2010年版」

2つのエリアに集積する商業施設

宇部市の商業施設は大きく分けて2つの地域に集積されています。ひとつは空港にもほど近い明神町・東見初エリア。シネコンのある大型商業施設、大型家電量販店、ホームセンター、パチンコ店が徒歩5分圏内に集積しています。
もうひとつは市街地を東西で分断する厚東川を渡って、お隣山陽小野田市に近い妻崎開作エリアです。同じく大型商業施設と大型家電量販店を中心に、そこから南へ1キロ離れた幹線道路国道191号線沿いには飲食店、パチンコ店、カーディーラーなどのローサイド店が集積する地域となっています。
工業や化学、医療といった専門的分野以外のアルバイトやパートなどの求人を探す方はこれらの地域の求人に注目してみましょう。

まとめ

個人的な意見ではありますが、山口県宇部市は石炭産業から発展してきた工業や化学系の企業や大学の工学部や医学部など理系のカラーを強く感じられる街といった印象でしょうか。街の色が比較的はっきりしたとても個性的な街と言えるかもしれませんね。

求人情報サイト「アピールネット」では、「宇部市の求人」を探すことができます。転勤などご家族と一緒に宇部市に引っ越してこられるなどが、求人を探したい方は是非参考にしてみてください。

宇部市の求人

(参照)山口労働局:山口県の雇用情勢について

この記事の情報の鮮度・有用性・確実性については保証していません、記事内容の実施はご自身の判断と責任のもとにご利用ください。