【主婦のパート履歴書】書き方簡単おさらい!

  • 2019年10月18日
  • 2,119Views
【主婦のパート履歴書】書き方簡単おさらい!

長い間、専業主婦をしていたことで、履歴書の正しい書き方が分からなくなった
パートを始めたいのに出だしからつまずいてしまう、そんな経験はありませんか?
日付はいつの時点を書けばよい?学歴はいつまで遡る?志望動機や自己PRはどう書く?

実は、意外な落とし穴がある履歴書の書き方。簡単におさらいできるチェックポイントを確認してみましょう。

パート履歴書の基本

履歴書サンプル

誤字・脱字がなく丁寧に書く

誤字・脱字がないように気を配り丁寧に書きましょう。間違えても修正ペンや訂正印は使用しないようにします。面倒ですが、新しく書き直すのがマナーです。

年号は統一する

生年月日や学歴・職歴など年号を記入する箇所がたくさんありますが、和暦・西暦がバラバラにならないように統一して書くようにしてください。一般的には和暦を使用することが多いようです。また平成を「H」のように略字で記入するのも避けましょう。

なるべく空欄がないようにする

志望動機や自己PRなども、なるべく記入をして空欄が目立たないようにしましょう。

基本情報欄のチェックポイント

履歴書_基本情報欄

日付

履歴書を書いた日ではなく、提出日あるいは投函日の日付を記入します。

印鑑

よく忘れがちなのが印鑑です。押印欄がある履歴書は、必ず印鑑を押しましょう。また、斜めにならないように気を付けて押印をするのも大切です。

写真

写真を貼らずに提出するのは、マナー違反です。免許証やスナップ写真などをコピーして使用するのもNGです。証明写真機で3ヶ月以内に撮影した写真を使用するのが一般的ですが、笑顔のある表情も大切なので、うまく表情が出せない人は写真館で撮影してもよいかもしれません。また、髪が長ければ束ね、襟付きの白いシャツなどを着用して清潔感のある雰囲気をだすようにしましょう。

住所

履歴書の住所は省略して書くことはNGです。都道府県から書き、番地・アパート・マンション名までしっかり書きましょう。

学歴・職歴のチェックポイント

履歴書_学歴・職歴

学歴・職歴は同じ欄になっていますので、わかりやすくするために1行目の中央に「学歴」と書き、次の行から学歴を書き始めます。学歴を書き終えたら1行空けて中央に「職歴」と書き、次の行から職歴を書き始めるのが基本です。

職歴を書き終えたら、その次の行の右側へ「以上」と記入することを忘れないようにしましょう。

学歴

小学校/中学校は、卒業のみを記入し、高校からは入学・卒業を両方を記入していきます。
学校名は、省略せずに正式名称を書きます。また、専門学校や大学などは学部・学科・専攻までしっかり書きましょう
職歴が多くてスペースが足りない場合は、小学校/中学校を省略して高校卒業から書き始めても大丈夫です。

職歴

入社→仕事内容→退社の順で3行程度で書きます
社名は、「(株)〇〇」と省略せずに「株式会社〇〇」と正式名称で書くのが正しいです。

正社員経験がなくても、アルバイト・パート・契約社員なども記入します。その場合は、「株式会社〇〇 入社 (パート)」と雇用形態を付けましょう。

資格欄のチェックポイント

履歴書_資格欄

免許・資格は省略せずに正式名称で、時系列に沿って取得した順番で書きます。
運転免許であれば「普通自動車第一種運転免許 取得」と書きましょう。また、資格は取得年が古すぎるものは原則書きませんが、資格が少ない場合は記入しておきましょう。逆に記入欄に書ききれないぐらい沢山ある場合は、仕事に関連のあるものだけに絞って書くようにします。

資格が1つもない場合はどうする?

資格がない場合でも、取得に向けて勉強しているものがあれば「〇〇の資格取得を目指して勉強中」と書きましょう。受験予定日が決まっていれば併せて記入しておくとよいです。また、「英会話」や「パソコン」などの習い事でも、仕事と関連性があれば、アピールポイントになるので隠さず伝えるようにしてみしょう。資格欄に書くのが抵抗あるなら志望動機や自己PR欄でしっかりとPRしましょう。

志望動機・自己PRのチェックポイント

履歴書_志望動機

志望動機や自己PRは、応募先企業に対して働きたい理由や熱意を伝える重要な部分になりますので空白にしたり、「特になし」と書くことは絶対に避けてください。

ポイントとしては、なぜこの応募先を選んで働きたいと思ったのか、その理由を具体的に書くことです。

主婦パートの場合は、「家から近い」ことや「勤務時間の融通」が応募先企業を選んだ主な理由として挙げられると思いますが、そのままストレートに書いてしまうと熱意が伝わりにくくなります。

家から近いので通勤がしやすく長く勤められる」「貴店の勤務時間なら無理なく働けるから長く勤められる」と表現を工夫することが大切です。加えて過去の経験や得意分野と仕事が結び付つく内容になれば説得力がより増した志望動機になるでしょう。

本人希望のチェックポイント

履歴書_本人希望欄

本人希望欄には、希望の勤務日・勤務時間などを明記します。「土日はでられません」「15:00までしか働けません」と希望だけを書くと一方的な主張と見られてしまいますので、「子供の帰宅時間が16:00なので15:00までの勤務を希望します」と理由を添えることが大事です。

まとめ

基本的なマナーや意外と見落としがちな印鑑の押し忘れなど、一番頭を悩ませる志望動機のポイントまでご紹介させていただきました。
簡単なおさらいでは、ありましたが履歴書の書き方は思い出せましたでしょうか?

履歴書を書くことは大変な労力になりますが、パートであっても手を抜かないことで採用担当者に自分の魅力を最大限に伝えることができます。

山口県の求人情報を探すなら

アピールネットでは、山口県の女性活躍中のお仕事や主婦歓迎の求人情報が掲載されています!アルバイト・パート・正社員、勤務地、路線、職種、特徴など豊富な条件から検索できるので、あなたの希望する求人情報に出逢えるかも!

アピールネットを見る

この記事の情報の鮮度・有用性・確実性については保証していません、記事内容の実施はご自身の判断と責任のもとにご利用ください。